エンジニアの仕事

    機械系
  • 業界について

    業界について

    自動車、輸送用機械、産業機械、重機械、家電、医療機器などのメーカーの仕事が多くあります。とくに精密機器分野は、コンピュータ、デジカメ、OA、半導体、電子部品など幅広い製品を取り扱っています。全てのものづくりの根幹となる業界であり、近年は他分野との技術融合が盛んに行われています。
  • 仕事内容

    仕事内容

    私たちの生活を支えている家電製品や精密機械、輸送用機器、産業用機械などの様々な機械製品の研究開発や設計、製造に携わります。製品の構想から設計までを担当する研究開発者と、製品の製造工程を管理する生産技術者などに分かれ、チームを組んでプロジェクトを進めています。
    具体的に新しい機械の開発が決まると、資料の収集、材料、機能、構造、形、大きさなどを綿密に検討し、設計を行います。設計時は安全性やメンテナンス、納期、コストについても考慮します。製造工程まで一連の作業が完了した段階で、さまざまなチェックも行います。
  • 働き方と生活

    働き方と生活

    機械系の技術者は主に民間企業で機械関係のメーカーを中心に幅広い分野で活躍しています。勤務時間は基本的にほかの社員と変わりませんが、製品の納期にプロジェクト進行が間に合っていない場合は、残業が続くこともあります。大手メーカーではフレックスタイム制を導入しているところも見られます。
  • 向いている人

    向いている人

    機械に強く、探究心があり、緻密でユニークな発想ができる人が向いています。新しい技術が求められる仕事であり、各企業で日々競争が繰り広げられているため、顧客のニーズをつかみ、開発に生かすことができる創造力が求められます。大がかりなシステムの開発では、各プロジェクト単位で開発を進めることが一般的です。協調性やリーダーシップを発揮できることも大切な要素となります。
  • 将来性

    将来性

    機械産業界は近年、高度情報ネットワーク化や他分野との技術融合など、目覚ましい技術変革の時代に入りつつあります。私たちの日常生活に欠かすことのできない業界であり、将来的にも大きな可能性を秘めています。最先端技術の開発競争が激しいため、より優秀な人材の確保が急務となっています。
  • 今後求められることについて

    今後求められることについて

    現在、他分野との技術融合が盛んに行われており、さらに技術融合は進んでいくでしょう。より多様な分野と機械工学とを結合した新技術の開発には、幅広い科学知識を持った人材が必要とされます。専門的知識にプラスαの技術が要求される時代になるでしょう。